低蛋白血症の根本原因

何らかの原因でタンパク質が尿へ過剰排出されると、低蛋白血症になることがあります。
肝硬変などでタンパク質の合成障害が原因の場合と、腎不全等による腎臓機能の低下が原因の場合がある。

低蛋白血症になると、血管内の浸透圧が下がり、水分が細胞内に移動します。
その結果として、腹水や浮腫が生じます。

治療としては、根本原因となる疾患の治療が最優先となります。
腎機能低下の場合は、一般的には人工透析によって改善します。

直接の原因はネフローゼ症候群かもしれませんが、根本原因は腎機能低下である事が多いです。
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved