透析患者の食事の注意点

慢性腎不全の患者は非常に厳しい食事制限を強いられます。
人工透析を受けるようになっても食事への注意は必要です。

透析患者の食事については多くの注意点がありますが、最重要なのは「バランスの良い食事をする」ということです。
制限ばかりが気になりますが、生きていくためには食事は欠かせません。
食べてはダメという食材はありません。
すべて量の問題なのです。
特にカロリーを摂取する必要があることがポイントになります。
1日に体重1kgあたり35~40Kcalが必要量となります。

バランス良くカロリーを摂る、ということになります。
各種の制限を守った上なので、レシピの工夫が必要ですね。

高カロリーで低タンパクの食品を選ぶ事がキーです。
例えば、マグロだったら赤身よりもトロ、肉は赤身肉よりもバラ肉、という感じです。
脂分の多い方がタンパクが抑えられます。
ただし量には注意してください。

昔は腎臓が悪い人はタンパク質を摂取してはいけないと言われていましたが、それは間違いです。
ただしタンパク質は、1日に体重1kgあたり1gを目安としてください。


Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved