家庭透析

腎不全というのは、腎臓病が悪化して腎臓の機能が低下した状態を言います。
腎臓機能が低下して、腎臓の機能が健康な人の半分以下になって戻らなくなった状態が慢性腎不全です。
慢性腎不全になると状態の改善が難しくなり、生命の維持の為に人工透析が必要となります。

現在の人工透析療法は進化し、慢性腎不全の患者が通常の人とほとんど変わらない生活を送れる様になりました。
人工透析療法は、週に4-5時間*3回と日常生活にかなりの負担となるにもかかわらず、社会復帰が可能になりました。
多くの人が社会復帰出来るようになっている現在、さらに負担軽減する方法として家庭透析(在宅血液透析)が見直されています。

家庭透析をするためには、自宅に人工透析の環境を作ったり訓練を受ける必要があります。
ただし自分で透析のスケジュールを決めることが出来るために、自由度が高く腎不全患者の社会生活への復帰には大きく貢献しています。

費用的にも補助されているので、一考の価値はあると思います。

Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved