腎性貧血

腎臓の機能が衰えたときに、そのはたらきを機械に代行してもらうのが、人工透析療法ですが、あくまでも腎機能の代行であるので、衰えた腎臓が回復するわけではありません
したがって、人工透析療法は半永久的に継続していかなければならないというケースが大半です
しかも人工透析は人間の腎臓のすべての機能を機械で代行出来るわけではないために、長期間にわたって透析療法を受けていると、さまざまな合併症が現れます

人工透析療法による主な合併症は以下の5つです
1.貧血
2.腎性骨症
3.不均衡症候群(ふきんこうしょうこうぐん)
4.透析アミロイドーシス
5.動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう)

これらのうち、1の貧血は、最近の医薬技術の進歩によってほぼ解決されています
また、3の不均衡症候群についても、透析効率を少し落とす等の調節で乗りきれます
しかし、他の3つについてはまだまだ課題が残されている状態です

●透析治療と貧血
「腎性貧血」と呼ばれているもので、腎臓で作られて分泌されるホルモンのひとつである「エリストポエチン」が、長期間におよぶ透析の間に欠乏することから起ります
エリストポエチンというのは、骨髄に働きかけて、骨髄が血液をつくる作用を促進するホルモンです

しかし、現在ではエリストポエチンが医薬品として用いられるようになったことから、透析治療の合併症として長い間人びとを苦しめてきた、腎性貧血の問題は、ひとまず解決されたといって良いでしょう
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved