ネフローゼ症候群とたんぱく尿

急性腎不全や慢性腎炎と並んで、代表的な腎臓病のひとつに、ネフローゼ症候群があります
たんぱく質が大量に出て(1日に3.5グラム以上)、尿中に排出されてしまい、体内でタンパク質が不足して、顔面や足に強いむくみが出る病気です

ネフローゼ症候群では、たんぱく尿(尿中に漏出した血清たんぱく)が、多量にみられます
健康な人でもごく微量のタンパク質(1日50グラム以下)が尿中に検出されます
また、特に病気ではなくても、過激な運動をした後に生じるもの(運動性たんぱく尿)や、寝ると消えるもの(起立性たんぱく尿)、また新生児たんぱく尿などがあります
これらを「生理的たんぱく尿」と言います

しかし常時多量のタンパク質が尿中に排泄されることはありません
多量のタンパク質が尿中に排泄されるのは、やはり何か腎臓に病気があるという事を疑わなければなりません

ネフローゼ症候群の症状は、
1.たんぱく尿、
2.浮腫(ふしゅ)・・・むくみのこと、
3.高脂血症(こうしけっしょう)、
が主なものです
特にたんぱく尿は、ネフローゼ症候群の診断の決め手となります

まずは、尿たんぱくが、1日3.5グラム以上出ているかどうかで判断されます
その後、さらに血清検査や腎生検査によって詳しく診断を行います
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved