腎臓病の食事の注意

腎臓病の患者さんは、自らが主体となって生活を管理することが非常に重要になります
その中心となるのが、食事療法です
それによって病気が治癒する事はありませんが、腎臓への負担を軽減し、病気の悪化を食い止めることが出来ます

腎臓病の患者さんの食事療法のポイントは次の3つです
1.タンパク質
腎炎や腎不全の患者さんは、低たんぱく食をとります
ただし、ネフローゼ症候群の場合、たんぱく尿が高度で、低タンパク血症を起こしている場合には、タンパク質を十分に補給する必要があります

2.塩分
むくみや高血圧、また尿が少ない(乏尿)、あるいは出ない(無尿)といった症状がある場合には、1日7グラム以下に制限するようにします

3.エネルギー
エネルギーが不足すると、体力や抵抗力が落ちます
また、腎臓への負担も増します
腎臓病には一定以上のカロリー摂取が必要なのです
特にネフローゼ症候群の患者さんは、十分なエネルギーを摂取する必要があります

その他、カリウムとリンを控えることも重要です
カリウムは果物に多く含まれています
また、リンは食品のなかでは乳製品に多く含まれています
いずれも、食べていけない訳ではなくて、食べる時は量を少なくするように気をつけて下さい

人工透析を行なっている場合は、たんぱくの制限は不要になります
しかし、塩分・カリウム・リン・水分の制限は依然として必要ですから注意してください
でも透析をしていない場合と比べると、段違いで食事制限は楽になります
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved