透析患者の生活

慢性腎不全の症状が進行して、腎臓の機能が一定以下に落ちると、人工透析治療に入ることになります

人工透析治療は、最近、めざましく発展し、適切な管理を続けていけば健康な人とほとんど変わらない生活を送れる可能性もあります
ただしそれはあくまでも「適切な管理」があってのことです
しかも人工透析は、通常、週に2~3回、それも半永久的に続けることになります

透析療法には、「在宅腹膜透析(CAPD)」と言って、患者さん自身の腹膜を透析膜として利用する方法もあります
在宅透析法として健康保健でも認められています
この場合は、2~3週間に1回の通院で済みますが、それでも患者さんの負担が大きいことに変わりはありません
また、この方法は、自己管理が出来ない方や、手や目の不自由な方などは難しいことがあります

腎臓病というのは、治癒はおろか、進行を食い止める事も非常に大変な病気なのです

人工透析を受けている患者さんはどのような注意をして生活していったら良いのでしょうか?
人工透析を受けていても仕事やスポーツ等、健康な人達とほとんど変わらない日常生活を送ることができます
仕事で出張したり、旅行をすることも出来、旅先の透析センターで人工透析を受けることも可能です
ただし、食事、水分、塩分は制限されます
また、何らかの疾患で薬の処方を受ける場合は、人工透析を受けている旨を医師に伝える必要があります
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved