低たんぱく食

慢性腎不全等の腎臓病の患者さんは、低たんぱく食を摂る必要があります

慢性腎不全というのは、腎臓の機能が低下してしまい健康な人の半分以下にまで下がった状態をいいます
その多くは、腎臓の機能は元にもどらないと言われます
しかし、慢性腎不全の患者さんの場合、低たんぱく食の摂取などにより腎不全の進行を防ぐ効果があるとされます
また、ネフローゼ症候群という病気は、たんぱく尿が出て血液のタンパク質が不足する病気です
尿たんぱくを減少させ、腎機能の低下を防ぐために、低たんぱく食を摂取します
ただし、ネフローゼ症候群では、血中たんぱくが減少する訳ですから、たんぱく質を制限すると、かえって病気を悪化させる危険もあります
したがって栄養管理は、専門家の指導のもとで行います

低たんぱく食
タンパク質の制限をする場合には、良質のタンパク質・・・卵、肉、魚などの動物性たんぱく質・・・を規定量摂るのが基本です
そしてカロリーは不足しないようにします
肉や魚を減らすと、カロリーが不足しがちだからです
かといって、米等の主食でカロリーを補おうとすると、これらの中に含まれる植物性たんぱく質が多くなってしまいます
植物性タンパク質は、質的に動物性タンパク質に劣るのです

このようなジレンマの中で、助けとなるのが市販の腎不全用の低たんぱく食品です
また、最近では、宅配でこのような病人食を用意してくれるところが増えてきていますので、利用してみるのも良いかと思います
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved