クリアランス検査など

腎臓病の検査には、たんぱく尿の検査やX線検査などを始めとして様々な検査があります
腎臓病や、その他の疾患の可能性を調べます

●検査名・・・クリアランス検査(Ccr)
・検査の内容・・・糸球体濾過値を調べます
・正常値と異常の場合の疑われる病気・・・糸球体濾過値が100ml/ 分が正常値とされ、それより高値だと、初期の糖尿病が疑われます
一方それよりも低値の場合は、腎炎などの可能性があります

●検査名・・・濃縮検査(フィッシュバーグ濃縮検査)
・検査の内容・・・尿を早朝3回採取し、その比重または浸透圧を測定します
・正常値と異常の場合の疑われる病気・・・比重が1.023以上、浸透圧800mOsm/kg以下が正常です
低下すると、尿細管の機能低下を呈する疾患や、尿崩症が疑われます

●検査名・・・血清尿素窒素検査(BUN)
・検査の内容・・・糸球体濾過機能を調べます
・正常値と異常の場合の疑われる病気・・・10~15mg/dlが正常とされます
それよりも高い場合は、タンパク質の大量摂取、腎機能低下が疑われます
一方、それより低値の場合は、妊娠や肝不全の可能性があります

●検査名・・・血清クレアチニン
・検査の内容・・・糸球体濾過機能を調べます
・正常値と異常の場合の疑われる病気・・・男性の場合は、0.8~1.3mg/dl、女性の場合は、0.5~0.9mg/dlが正常値です
それよりも高い場合、腎不全やうっ血性心不全などが疑われます
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved