糖尿病性腎症

糖尿病(とうにょうびょう)の患者さんに発生する腎臓病のひとつに「糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)」があります
糖尿病性腎症は腎糸球体(じんきゅうしたい)の不可逆的な障害です
糖尿病の合併症は他にもあります
この糖尿病性腎症と、「糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)」と「糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)」を合わせて「糖尿病の3大合併症」と呼ばれます

糖尿病性腎症になると、最初のうちは、微妙なたんぱく尿が出ます
糖尿病性腎症では、早期発見が非常に重要になります
微量なたんぱく尿の測定でも可能になってきているので、たんぱく尿が確実になる前に何とか発見し、対策をとることが求められます

症状が進んでいくと腎機能が低下してきて、糸球体硬化症(しきゅうたいこうかしょう)へ進行します
この段階まで進んでしまうと、高血圧や貧血、浮腫(ふしゅ)などの症状が出できます
最終的には、慢性腎不全(まんせいじんふぜん)、尿毒症(にょうどくしょう)へと進みます

現在、糖尿病の患者さんの増加に従って、糖尿病性腎症から腎不全になって、人工透析(じんこうとうせき)を受ける患者さんが年々増加しています
人工透析を受ける患者さんのうち、糖尿病性腎症による人は、慢性糸球体腎炎に次いで2位を占めている状態です
また腎臓移植を受ける患者さんも同様に増加傾向にあります
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved