腎臓のしくみ

かつては、「腎臓病に薬なし」と言われる程、腎臓病の治療は困難で、改善は不可能に近い状態でした
しかし近年では、薬物療法、透析療法(とうせきりょうほう)、腎臓移植(じんぞういしょく)、とすばらしい医学の進歩が見られます
もちろん前提としての食事制限はあります

ただしその一方で、腎不全(じんふぜん)になる患者さんは増加傾向にあります
成人病が原因となって腎臓が痛めつけられて腎不全に至る場合があるからです
腎臓に悪い影響をもたらすものには、高血圧や糖尿病や高脂血症などの循環系・代謝系の病気です
したがって、こうしたいわゆる成人病を早期発見して治療する事が腎臓を守ることにもなるのです

腎臓のはたらき
腎臓は、ソラマメの形に似た人の握りこぶし程度の大きさの臓器です
これが左右ひとつずつ対になっていて、背骨をはさんで向かい合っています
ちょうど腰のあたりの位置になります
右側の腎臓は、上に肝臓がある関係で左側と比べて少し下がっています

腎臓というのは、「ネフロン」という排泄機能をもつ小さな器官が集まっています
ネフロンひとつひとつは、糸球体(しきゅうたい)、ボウマン嚢(のう)、尿細管(にょうさいかん)が組になっていて、ひとつの腎臓にネフロンが約100万個あるといわれます
腎臓の働きは、主に次の3つになります
1.代謝物や老廃物、薬物などを排泄する
2.体内の水分の量の調節と、その成分の恒常性を保つ
3.レニンやエリスロポチンといったホルモンを分泌する


Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved