急性腎不全

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)は、腎臓の機能が急に低下し、尿が少なくなり、そのうちに出なくなります
現在でも、予断を許さない非常に危険な病気です
尿の量が少なくなる症状を「乏尿(ぼうにょう)」と言い、尿が出なくなる症状を「無尿(むにょう)」と言います
急性腎不全になると、尿量の変化だけではなくて、消化器、呼吸器、循環器など、いろいろな症状が発生し、かなり危険な状態となります

急性腎不全で現れる症状
●浮腫(むくみ)・・・顔面浮腫、脚の浮腫
●舌やくちびるの乾燥
●貧血
●乏尿、血尿、たんぱく尿、尿路感染症
●紫斑(しはん)・・・内出血で現れる斑点
●悪心、嘔吐、消化管出血
そのほか、精神障害、痙攣といった症状も現れます

急性腎不全は、急に尿が出なくなった(無尿)時や、尿の量が少なくなった(乏尿)になった時にまず疑われます
診断の際には、血液をとって検査をします
血清クレアチニンや尿素窒素(BUN)が上昇していると、急性腎不全と診断されます
さらに詳しい原因や腎臓の状態をしらべるためには、尿たんぱくや尿沈さの検査などを行ないます
そのほか、X線検査やCTスキャン、超音波検査等を行なうこともあります

急性腎不全と診断されたら、過労と不規則な生活を避けて身体を養生します
そして、、慢性腎不全へ移行する事をなんとしても阻止しなければなりません
この病気は、日ごろから本人が注意や予防できる様なものではありません
かかってしまったら、医師の管理のもと、指示を守ることが大切です
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved