3大腎臓病

3大腎臓病とは、急性腎炎(きゅうせいじんえん)、慢性腎炎(まんせいじんえん)、ネフローゼです

よく耳にする、「腎不全(じんふぜん)」というのは、これらの腎疾患(じんしっかん)が進行して、腎臓の機能が著しく低下した状態の事を言います
そしてその腎不全が進行すると「尿毒症(にょうどくしょう)」となります

尿毒症というのは、腎臓の機能が極度に低下するために、体内に毒素がたまって全身の臓器に症状があらわれる様になった状態をいいます
腎不全の末期の症状で、以前は生命の危険もありましたが、現在では透析療法が進んできたので生存率が高まりました
社会復帰も可能になりつつあります

3大腎臓病を整理すると次の様になります

●急性腎炎(きゅうせいじんえん)・・・強い症状が出ますが、短期間で治癒しやすい傾向にあります
●慢性腎炎(まんせいじんえん)・・・慢性腎炎の場合は、数年から10年近く症状がないまま進行していて、自覚症状が現れた時にはかなり進行しているという事が多くあります
●ネフローゼ症候群(ねふろーぜしょうこうぐん)・・・ネフローゼは、タンパク質が大量に(1日に3.5グラム以上)尿中に排出されてしまい、体内においてタンパク質が不足して、強いむくみを特徴とする腎臓病です
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved