腎臓病の検査

腎臓病が疑われる場合には、どの様な検査が行われるのでしょうか?
その主なものとして、たんぱく尿の検査、X線・超音波検査、腎生検査、PSP検査について、検査の内容と、異常な値となったときに疑われる病気を挙げてみました
●検査名・・・たんぱく尿の検査
具体的には、試験紙法、スルフォサルチル法、煮沸法、などがあります
・検査の内容・・・尿中のタンパク量をしらべます
・正常値と異常の場合の疑われる病気・・・1dl中に10~20mlが正常とされます
 値がこれよりも高くなると、異常と考えられ、ネフローゼ症候群や糸球体腎炎が疑われます

●検査名・・・X線検査および超音波検査
・検査の内容・・・形、腫瘍、のう胞、結石の有無などをしらべます
・正常値と異常の場合の疑われる病気・・・腎臓の大きさ、位置、腎盂(じんう)の形態の異常を発見します

●検査名・・・腎生検
・検査の内容・・・組織の一部を取り、病気の有無をしらべる検査です
・正常値と異常の場合の疑われる病気・・・細胞増殖や膜の肥厚、つぶれてしまった糸球体の比率などを調べます
参照:1個の糸球体は、直径約0.2ミリメートルととても小さなものです
左右の腎臓を合わせて、約200万個の糸球体があり、ここを1日に血液が約150リットルも濾過されるのです


●検査名・・・PSP検査
・検査の内容・・・赤い色素を注射して、それが腎臓からどれだけ排泄されるかをしらべる検査です
・正常値と異常の場合の疑われる病気・・・15分値25~50パーセント以上が正常とされます
低い値の場合は、腎血流量低下、近位尿細管機能低下を呈する何らかの疾患が疑われます
Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved