腎臓の異常を知る為の検査

腎臓は、尿を排泄するはたらきもありますが、水分の再吸収でも説明したように、逆に体内に必要な成分は再吸収するはたらきもあります
ということは、必ずしも尿の量が多ければ腎臓が活発に機能しているという事でもなく、かといって尿が少なければ良いという訳でもなさそうです
また、尿の色を観察していると、朝起きたときの1番の尿は、色が濃いように感じませんか?
程度にもよりますが、これは特殊な場合を除いて、まず心配ないことが多いです
老廃物がたくさん出ている・・・つまり、腎臓が活発に機能している、という事ですからむしろ良いことの証明です

このように腎臓が正しく機能しているかどうかは、日常の生活の中ではなかなかわかりません
腎臓はなかなか警告サインを出してくれないと言えます
手遅れの状態まで病に侵されない様に、高血圧や成人病に注意して、定期的に適切な検査を受けることが必要です
腎臓病の検査には、尿検査と腎機能検査だけではなくて、X線検査や血液検査も行います

1.病気の場所を知るための検査・・・尿検査、X線検査、など
2.腎臓の機能の程度を知るための検査・・・腎機能検査
3.体液の異常の程度を知るための検査・・・血液検査

この尿検査というのは、尿のPHや量を調べます
腎機能検査というのは、PSP検査(排泄試験)とGFR検査(糸球体濾過値)です
そして腎臓病の血液検査というのは、主に血清尿素窒素(BUN)と血清クレアチニンを調べます
これらは腎不全になると値が高くなるので、腎機能を知る重要なバロメーターになるのです

Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved