腎臓のはたらき

私たちの身体の腰の高さで、左右ひとつずつ対になって存在しているソラマメの形をした臓器が、「腎臓」です
それぞれ握りこぶしほどの大きさの臓器ですが、この腎臓はいったいどのようなはたらきをするのでしょうか?
腎不全の治療の前に基本的な腎臓の働きを整理してみましょう
腎臓のはたらきは、主に次の3つです
1.代謝物や老廃物、薬物などを排泄するはたらき
2.体内の水分の量の調節と、その成分の恒常性を保つはたらき
3.レニンやエリスロポチンといったホルモンを分泌するはたらき

それぞれのはたらきについて詳しくみていきましょう

1.代謝物や老廃物、薬物などを排泄するはたらき
腎臓の一番重要な役目は、排泄機能です
たとえば、食事で摂取したタンパク質が体内で利用されると「尿素」という不要な物質が出来ます
これを身体の外へ排出するのが腎臓の役割です
また、食塩をとり過ぎた場合とか、薬物、その他体内で生じた老廃物も、腎臓のはたらきによって体外へと排出されます

2.体内の水分の量の調節と、その成分の恒常性を保つはたらき
体に必要な水分を確保するとともに、余分な水分を排泄して、体内の水分量を調節するのも腎臓の重要なはたらきのひとつです

3.レニンやエリスロポチンというようなホルモンを分泌するはたらき
ホルモンを分泌する働きとは、たとえば、レニンというホルモンを分泌してそれが血液中のタンパク質に作用して血圧をあげる作用をする、というように、腎臓があるホルモンを分泌することで血圧の調節をする、というものです
また、同様に赤血球の調節を行なうホルモンも分泌します

腎臓病になるとこれらの様な働きに支障が出てくることになります


Copyright © 2009 人工透析で腎不全を乗り越えよう. All rights reserved